みんなのホンダ資料館

タミヤのプラモデルの金型設計者からメールを頂きました。

現在75歳だそうです!(2017年現在)

 

タミヤのプラモデル、HONDA F1 RA273が本田宗一郎氏をはじめホンダ社内でも高い評価であったことをこのホームページを見て初めて知りうれしいとのことでした。

 

 

ものづくりって素晴らしいですね!

 

 

世界の「タミヤ」はHonda F1から

実車? プラモデルです!

 

 

 

タミヤの「1/12ホンダF1 RA273」、今40歳代半ばから60歳代半ばくらいのクルマ好きの男性なら一度は作りたいと思ったのではないでしょうか?

それくらいこのプラモデルは、この世代が少年だった頃の憧れの品でした。

 

 

写真出典:Honda サウンズ

 

贈られてきたタミヤのホンダRA273モデルの箱を開け、その精巧な部品パーツにびっくりポンの本田宗一郎さん(^.^)

 

 

 

左側は再販モデルです

 

右側が初期のモデルです

 

初期モデルにはパッケージにHONDAロゴがあります。

ホンダF-1が実車の優勝とともに世界で話題になりました。

 

そして精密に再現された このホンダRA273プラモデルが人気を博し「タミヤ」は世界的なメーカーになったそうです。

 

 

今ではタミヤは金型製造は自社で行なっておりますが、当時このプラモデルの金型は金型職人さんによって設計、製造されていました。

 

外国の有名なプラモデルメーカーでさえ細部のボルトをリベットと同様、半球の突起で表現していた頃にきちんと小さな六角柱で設計されていたのです。

 

当時のホンダの社内報では本田宗一郎さんはタミヤのF1プラモデルの精度を見てとても驚かれたとあります。

 

その後の役員会議でもあまりにも精密なため車体の情報が他の自動車メーカーに流れないか話題に上がっていたそうですよ。

それだけ忠実に再現されていたんですね!

 

 

今でもこのプラモデルはオークションに時々出品されていますので安価で購入できます!

 

 

 

そして2015年、金属のエッチングパーツをつけ、グレードアップして再販されましたよ!

以下に情報

 

 

Honda RA273 (エッチングパーツ付)12,744円(本体価格11,800円)

以下TAMIYA資料より

■フロントカウルは2本のビスで取り付けられ脱着可能。内部のラジエター、ウォータータンクを見ることができます。

 

 

 

■力強くうねる12本のエキゾーストパイプをはじめ、フューエルライン、点火コードまで再現したV型12気筒エンジン。エアファンネルは質感あふれるアルミ削り出し製。

 

 

 

■ステアリングスポークにエッチングパーツ、メーターリングにインレットマークを使用したコクピット。ステアリングを回すと前輪が向きを変えます。

 

 

 

■エンジン後部に突き出たミッションケース。オイルクーラーコアにエッチングパーツを使用して精密感を高めます。

 

 

 

 模型要目 】  ★1/12スケール、全長333mm、全幅143mm、全高70mmのプラスチックモデル組立てキットです。★V型12気筒エンジンはフューエルパイプの配管、イグニッションコードの配線まで実車そのままの仕上がり。12本のエアファンネルはアルミ削り出し製パーツで再現しました。★前後サスペンションにはコイルスプリングが組込まれ、スムーズに作動します。★ステアリングホイールと連動して前輪が向きを変えます。★ノーズカウルは脱着可能。完成後もラジエターなどの内部メカを見ることができます。★ブレーキディスクやラジエター、オイルクーラー、ステアリングスポークはエッチングパーツ。★ミラー、メーターリングはインレットマーク。★タイヤはリアルな質感を持つ中空ラバー製。トレッドパターンはもちろんサイドウォールのロゴ、サイズ表示まで克明に彫刻しました。★ドライバーの人形1体つき。★スライドマークは1966年のリッチー・ギンサー仕様2タイプ、1967年のジョン・サーティース仕様の合計3種類をセット。

 

 

欲しくなりますね!!