アクト ステンレスポット

1978年発売 「アクト・ステンレスポット」


ホンダは1972年3月に多様化する時代の動きに対応して、独自の新商品による新しい市場の探求と流通機構の開拓のために新しい会社を設立しました。


その一つが株式会社ACT-L (アクト・エル)


社名のACTはACTION(活動)から取っています

ACT-LのLはLAND(陸)のイニシャルです


1974年に発売したローラースルーGOGOは大ヒットとなりました。


その販売元から1978年に発売したステンレスポットを紹介します。


今までガラスだった魔法瓶がステンレス製になった世界初の商品です。

製造は日本酸素株式会社です。


1978年に「アクト・ステンレスポット」を発売。

このステンレス魔法びんはガラス製と比べ、軽くて、割れないという画期的な製品として、大きな進化を果たしました。


翌年の1979年にはGOOD DESIGN AWARDを受賞しました。


ホンダのお店でも販売していましたよ



35年たった今でも現役で活躍しています!



コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    水野 雅彦 (月曜日, 02 11月 2015 21:48)

    初めまして、何気にこのポットの中栓を探していましたらホームページに出会い驚いていました。確かに1978年に使い始めて一度もパーツ交換せずに今日まで現役です。
    こんな歴史が有ったこと知らずにビックリです。
    もし交換部品の事ご存知でしたらご教授下さいませんか?

  • #2

    ツッチー (月曜日, 02 11月 2015 22:04)

    水野様
    こんばんは、ホームページに遊びにきて頂きありがとうございます。
    ACTポットデザインも素敵ですよね。自分も現役で使っていますよ。
    当時の製造メーカーの日本酸素株式会社は世界の魔法瓶メーカーを吸収し現在では『サーモス』という会社になっています。
    サーモスの製品は沢山出ていますのできっと合う中栓があるのではないでしょうか。
    現物を持って探されたら如何でしょうか。

    又遊びにいらして下さいね。

  • #3

    Toshihisa Umetsu (日曜日, 08 5月 2016 08:14)

    日本酸素、サーモスばかり探していて見つからず、たまたま今日であいました。
    父の仕事の関係でACTを購入しました。発売されてすぐの購入と思いますので
    38年近く経つのでしょうか。
    今まで一度も部品交換をした事がありません。
    それがここにきて中栓の劣化が激しくこの部分は全て交換しないとダメです。
    サーモスに問い合わせてもラチがあかないので自分で修理する他ないのかと
    考えています。代替品を探していますがこのポットと同じ性能のポットは見
    つかりません。すごい優れものでした。最近のポットはデザインと機能性?優先
    で寿命の長い製品は開発できていませんね。残念です。

  • #4

    ツッチー (日曜日, 08 5月 2016 22:15)

    Toshihisa Umetsuさま
    こんばんは、ホームページに遊びに来て頂きありがとうございます。
    ACTポットをお持ちなんですね!
    中栓がダメになってしまったんですね。
    私もホームページでポットを紹介しているだけでなく消耗品の代替え品の紹介などをしていこうと思います。頑張って調査してみますね。

  • #5

    一休さん (土曜日, 14 1月 2017 19:40)

    今年も出しました!
    そろそろ40年近く成るACTのポット!オイラが小学生の頃から釣り等とにかく1年中活躍してくれましたが、近年は冬限定で現役使用してます!何度も落としたり、ぶつけたりしましたが、本当に丈夫です!オイラの自転車もそろそろ30歳!日本人が本気出すと、凄い物が出来るのですよ!

  • #6

    ツッチー (土曜日, 14 1月 2017 21:10)

    一休さん
    こんばんは、ホームページに遊びにきて頂きありがとうございます。
    本当にこのACTのポット丈夫でデザインも素晴らしいと思います!
    数点ありますので近いうちにホームページ上に特集を組みUPしますね!

  • #7

    小峰 徹 (月曜日, 22 1月 2018 16:08)

    現在アクトポットを二台使っております。二台ともステンレス部分の形状は全く同じですが中栓の形状が違っています。後から購入した方が中先が2段になっていて普段注ぐ時は上の部分だけを緩めればお湯が注げます。最初に購入した方は中栓全部が1つになっていて緩めてお湯を注ぐことができません。後から購入した中栓の方が使いやすいのでどうしても後から購入した方を使う機会が多かったのですが、この度二台併用することになり使い始めたところ最初に購入した方の中先はお湯が冷えてしまうとどんなに回しても中栓を緩めることができません。後から購入した方の2段中栓に部品を交換したいのですがどうしたらよろしいでしょうか。また、中栓を緩めるにはどうしたらいいでしょうか。

  • #8

    ツッチー (月曜日, 22 1月 2018 18:46)

    小峰 徹さま

    ブログへの投稿ありがとうございます。

    アクトポット二台使用しているんですね!すごいです。
    栓の形状に種類があるのを知りませんでした。勉強になりました。ありがとうございます。
    アクトのステンレスポットはデザインが素敵ですよね。

    さて、やはり、栓がダメになってしまいましたか。
    私も、サーモスなど現在のポットの栓を調べましたが同じものは未だ見つかっていません。
    メーカーも対応出来ない様です。
    良い情報が無いか引き続き調査していきます。
    ご期待に応えることが出来ず、すみません。

    抜けない栓への対応

    熱湯にしばらく浸け熱膨張させると同時に栓も多少吸水し膨張するので少し時間が経ってから栓を回す。
    栓が空回りせず回ってくれることを願っています。

    ホームページ管理人 ツッチー