Restore レストア

TL125 SB イーハトーブ

1977年から岩手県でイーハトーブトライアル大会が開催されトライアル人口も増え、トライアルの人気も出てきました。

しかし当時のトライアルバイク、バイアルスTL125は1979年に生産終了となっていました。

競技熱の高まりを受けて1981年からTL125Sが新たに生産がスタートしました。

セカンドネームには競技名の「イーハトーブ」が付帯しています。

 

なんとかレストアして名付け親のイーハトーブトライアル大会に出場して見たい!

永きに渡るチャレンジがスタートしました。

 

現状把握

ハンドルサビ

 

 

エキパイサビ

キックサビ

ステップサビ

ブレーキペダルサビ

スポークサビ

リム、アルマイト腐食

ボトム腐食

 

ライトケースのひび割れ

メーターケースの塗装はがれ

ライトステーサビ

 

左ハンドルスイッチ破損

 

トップブリッジ腐食

 

 

タンクサビ

 

 

シートの表皮が社外品

マフラーサビ

フレームサビ

リアショックサビ

 

 

クラッチケース腐食

 

ジェネレーターケース腐食

フレームサビ

 

 

リアショックSPサビ

チェーンケースサビ

 

 

左右サイドカバー割れ

 

 

スポークのサビ

リムの腐食